知っておきたい!お盆の常識

お盆を迎えるにあたって知ること

正しいマナーを理解しよう

どのような服装で、法要に参加すれば良いのか悩んでいる人がいるでしょう。 お盆の法要も、葬儀と同じで喪服で問題ないです。 ただ参列する場合や、親戚だけが集まる法要の場合は簡易的な服装でも良いでしょう。 その際も、黒くて地味な服装ということを守ってください。 ...続きはコチラ

予約を確実に済ませるために

連絡するのが遅くなると、お盆期間中に法要ができなくなります。 親戚一同が集まりやすいのがお盆期間でしょうから、その期間内に行えるように早く連絡を済ませましょう。 予定が決まったら、親戚にも伝えてください。 お寺の手配や、食事の用意などやるべきことがたくさんあります。 ...続きはコチラ

お坊さんにお礼をしよう

法要が終わってからお坊さんに渡すお金のことを、お布施と言います。 実は、お布施は気持ちを表すものです。 そのため渡すことは義務ではありません。 しかし、しっかりといくらか包んで渡すのがマナーでしょう。 お布施の相場が決まっているので、相場ぐらいを渡せば大丈夫です。 ...続きはコチラ

喪服を着ていれば大丈夫

法要をする際は、喪服を着用するのがベストです。
特に故人が亡くなって初めて迎えるお盆や、故人の遺族として参加する場合は喪服を着用するのがマナーです。
しかし参列者として参加する場合は、完全な喪服でなくても良いと言われています。
黒くて、地味な服装だったら良いでしょう。
肌の露出にだけ、気をつけてください。
デニム生地の服は禁止ですし、華美な装飾も控えてください。
アクセサリーを身に付ける女性は、パールのものを選択しましょう。

お寺に依頼することを、最優先で行ってください。
お盆は、たくさんの人が法要を行います。
ですから早めに予約しないと、お寺やお坊さんの予定が埋まってしまうことが考えられます。
また各地方に行っている親戚が、お盆の日に集まることも多いです。
みんなが法要に合わせて休みを確保できるよう、いつ法要するのか決めて、早めに連絡してください。
食事などもする場合は、その準備も忘れずに行いましょう。

お坊さんにお経を唱えてもらったら、お布施を渡すのがマナーです。
お布施は気持ちを表すものですが、相場が決まっています。
5000円から10000円ほどを渡せば大丈夫でしょう。
しかし何をしたかによって、お布施の金額が変わります。
初盆は大切な儀式ですし、やることも多いです。
そのためお布施の金額が、30000円ぐらいが良いでしょう。
お布施は白い布で包んで、盆の上に載せて渡してください。
手で直接渡さないように注意しましょう。